本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
お気に入りブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:フレンチ ( 3 ) タグの人気記事

何かのご縁

昨日ランチをいただいたのは、
わたしたち夫婦お気に入りのレストランです。
「お気に入り」というよりも、
わたしたちはそのシェフのファンなのです。

昨年、ミシュランがその店に星を2つつけて、
自分たちが好きな店が評価されて
それはそれは嬉しい出来事でしたけれども、
「これで行き難くなるね」とも話していました。
ところが、なんとお店の方からアプローチをいただいたのです。
片手の指も余るほどしか訪れていないし、
行けば気に入らないところにはきちんとクレームもつけて、
そのくせそれほどお金を落とすわけでもない、
決して歓迎されるような客ではないはずなのに。
なんと有り難いことでしょうか。
これは、行かないわけにはいきません。

で、本当は年末に内輪の忘年会ってことで予約をしていたのですが、
わたしが体調をくずしてキャンセル。
今回はそのリベンジも兼ねていました。

お店は満席、スタッフも増えて、
「適度な放っておかれ感」が出ていて良かったです。
お料理は、相変わらず、文句の付け所がありません。

食材の選択、その組み合わせ、良さの引き出し方、
お皿選びのセンス、その盛り付け方、
そんなもの全てが、嬉しくなってしまうようなのです。
特に派手だとか、奇をてらっているわけではないのだけれど、
全てが実に心憎い。

シェフは、前回約一年前にお会いした時よりも
顔の色艶がよくなっているような印象でした。
そうお伝えすると、
ようやくお店のいろいろなことが軌道にのってきたし、
それから、少しほっとしているからかも、とのこと。
星2つはシェフの目標だったのだそうです。
思った以上に早かったけれど、
とりあえず目標が達成できたことで、ほっとしたのだそう。

こんな風に、お料理をいただいたあとに
いろいろお話をしていると、
こういう繋がりが嬉しくて、
また足を運びたくなってしまいます。

フレンチは高くついて身の丈にあっていないし、
遠ざかろう遠ざかろうと思うけれども、
その都度引き戻されてしまいます。。。
まぁ、これも何かのご縁ってことでしょう。

じゃ次、いつ行く?
[PR]
by chiemhana | 2009-02-23 12:50 |

ババ@VIRON丸の内

d0058543_9483472.jpg



これが食べたくって、夢にまでみたり、その埋め合わせに違うものを貪り食べたりして、おかしかったわたし。

先日、夫の平日休みにあわせて、わたしも休みを取りました。

本当は一駅隣の町にある、ジビエが自慢のフレンチレストランへ行ってみようと思っていたのですが、あいにく満席で入れず・・・(小さいお店とはいえ、人気のようです)

仕方なく、電車に乗って、じゃぁどうしようかと考えていたところ、
「そうだ!VIRONに行こう」
と夫が言ってくれて、顔には出しませんでしたけど(え?でてた!?)、内心小躍りしていた次第。


食事はコレ。
d0058543_9595884.jpg

鮮魚のポワレ、オレンジソース。(名前、正確には覚えていません。。。)
表面はカリっとしていて、中はやわらかな白身魚。甘味と酸味がほどよいオレンジソースが絶妙です。
付合せのお野菜もシャキッとしていて、おいしい~♪

夫は鴨のオリーブソース(こちらも名前は不正確)でした。写真撮るのは忘れたけど、美味しかったぁ。


で、私的本当のメイン、一番目の写真ですが、
ババ、です。
サバランとも言いますね。
生クリームがすごいボリュームです。でもこの潔さが嬉しいです。
左後ろのボトルはラム酒。これを好きなだけかけて食べます。
ババとかサバランとかを、今まで食べたことがなくて、このお店で初めて食べたのですが、
このインパクトに参ってしまって・・・
(他のお店でも、こんな風に提供されるのでしょうか・・・?)

ちなみに奥に写っている手は夫の、彼が食べているのはクレームブリュレ。
これも、表面はパリッパリでほろ苦く、中はとろ~り、底にはバニラビーンズがびっしり、で美味しいのです。


幸せ&大満足のランチでした。
[PR]
by chiemhana | 2007-01-29 10:21 |

ラ・バスティッド・ドゥ・軽井澤・シェ・ソウマ

『ラ・バスティッド・ドゥ・軽井澤・シェ・ソウマ』訪問記


先日軽井沢へ小旅行をしたのは、これが目的の半分くらいを占めています。

実は・・・叔父の店です。
叔父はフレンチのシェフ。

今回は宣伝ということで・・・

プレオープンのパーティーにお呼ばれして以来、一年半ぶりの訪問。
不義理な姪です。

浮き沈みの激しい飲食業界。
でもなんとか、1年半頑張ってきたようです。

お近くにお寄りの際は、ぜひご利用ください。
地元の素材をふんだんに使ったお料理の味は、わたしが保証します!(・・・大丈夫か?)
家庭的な店なので、サービス面などはあまり期待なさらず。。。
リゾート地で、気軽に、でもちょっと贅沢に・・・という時にぴったりだと思います。


あ、メニューやお料理については、TB先をご覧ください。
(手抜き?はい。だって、同じ写真を使うことになりますし・・・^^;)
[PR]
by chiemhana | 2006-09-30 11:46 |