本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『おくりびと』おめでとう!


いや~、わがことのように嬉しいですね!
自分も観て、良いと思っていた映画があらためて評価されるのって。

本当におめでとう!!
これから世界中のたくさんの人が観て、
その人たちも何かあたたかいものを
この映画から受け取られることを願っています。



昨日の来訪者数が、普段のこのブログから比して異常な伸びで、
たぶん以前にこの映画について感想を書いていたからだと思い、
どんなこと書いていたっけ?と自分であらためて読み返そうとしたら、
カテゴリー設定も、タグもついていなかった。。。

こういう事態(はじめての方がたくさん訪れる機会)に遭遇すると、
「もっと客観的に、スマートに書いていればよかったのに~」と
自分にダメだししたくなるような内容でしたが、
まぁ、今更仕方ありませんね。



滝田洋二郎監督は、
そういえば最近DVDでですけど『バッテリー』を観まして、
こちらも、少年たちが大変に素敵な活躍をしている実に良い映画でしたが、
その作品の監督でもありました。
良いテーマ、メッセージを押し付けがましくなく、
素直に投げてくれる監督さんだなという印象。
今後の活躍に期待が高まります♪


この晴れがましいニュースを糧に、わたしもがんばろう☆
[PR]
by chiemhana | 2009-02-24 09:33 | 映画

ジンガロ『バトゥータ』


ジンガロの第2回日本公演『バトゥータ』を観てきました。

夏にこの公演があると知って、飛びついて手に入れたチケットです。

前回来日公演の『ルンタ』でも感動しましたが、
あれが多くの人に受け入れられるわけではないことも理解できました。

ですが今回は、そうではないだろうと思われます。

おそらく、これが彼らの本来のスタイルなのでは?
と思われます。。。
ただただ楽しく、美しく、その技に驚嘆し、
そして、馬たちの神秘性に魅せられます。。。


まず、ジンガロとはなんぞや?ってところですが、
簡単に言って、
音楽と馬と人が織り成すパフォーマンスです。

弦楽器、管楽器の楽団が軽快な音楽を奏で、
それに合わせて円形の馬場を疾走する馬上で、
パフォーマーたちがアクロバティックな技を見せます。

大きなテーマの中に、いくつかの小さなテーマがあり、
セリフはありませんが、音楽と馬と人の動きで、
場面、テーマの移り変わりを感じます。

しかし、ただのサーカスと侮るなかれ。

もちろん、馬達はよく訓練されているに違いありません。
しかし、何かが違うのです。
例えば、馬達も見られていることを意識しているのではないか?
自分の背中で飛び跳ねるパフォーマーの技を意識してサポートしているのではないか?
音楽を聴いているのではないか?それにあわせて足を運んでいるのか?
そう、あたかも自分達の意志で、このパフォーマンスの一役を担っている、
そんな風に、見えるのです。。。
(実際に、テーマ間のインターバルとして登場する馬はゆっくり走るのですが、
なんと音楽にあわせてスキップしていましたから!)


競馬馬を見ても常々思っていたけれど、
お馬さんて本当に美しい。
そして、このパフォーマンスをみると、
なんて奥の深い、神秘的な生き物なんだろう、
とも思います。


残念だったのは、空席があまりにも多かったこと!
たしかにチケットは高価ですが・・・
ぜひぜひたくさんの人が観てくれるといいな、と思います。

『ルンタ』でがっかりした方も、
今回はきっと大丈夫。


まだ間に合います→http://www.zingaro.jp/
[PR]
by chiemhana | 2009-02-23 19:48 | 雑記

何かのご縁

昨日ランチをいただいたのは、
わたしたち夫婦お気に入りのレストランです。
「お気に入り」というよりも、
わたしたちはそのシェフのファンなのです。

昨年、ミシュランがその店に星を2つつけて、
自分たちが好きな店が評価されて
それはそれは嬉しい出来事でしたけれども、
「これで行き難くなるね」とも話していました。
ところが、なんとお店の方からアプローチをいただいたのです。
片手の指も余るほどしか訪れていないし、
行けば気に入らないところにはきちんとクレームもつけて、
そのくせそれほどお金を落とすわけでもない、
決して歓迎されるような客ではないはずなのに。
なんと有り難いことでしょうか。
これは、行かないわけにはいきません。

で、本当は年末に内輪の忘年会ってことで予約をしていたのですが、
わたしが体調をくずしてキャンセル。
今回はそのリベンジも兼ねていました。

お店は満席、スタッフも増えて、
「適度な放っておかれ感」が出ていて良かったです。
お料理は、相変わらず、文句の付け所がありません。

食材の選択、その組み合わせ、良さの引き出し方、
お皿選びのセンス、その盛り付け方、
そんなもの全てが、嬉しくなってしまうようなのです。
特に派手だとか、奇をてらっているわけではないのだけれど、
全てが実に心憎い。

シェフは、前回約一年前にお会いした時よりも
顔の色艶がよくなっているような印象でした。
そうお伝えすると、
ようやくお店のいろいろなことが軌道にのってきたし、
それから、少しほっとしているからかも、とのこと。
星2つはシェフの目標だったのだそうです。
思った以上に早かったけれど、
とりあえず目標が達成できたことで、ほっとしたのだそう。

こんな風に、お料理をいただいたあとに
いろいろお話をしていると、
こういう繋がりが嬉しくて、
また足を運びたくなってしまいます。

フレンチは高くついて身の丈にあっていないし、
遠ざかろう遠ざかろうと思うけれども、
その都度引き戻されてしまいます。。。
まぁ、これも何かのご縁ってことでしょう。

じゃ次、いつ行く?
[PR]
by chiemhana | 2009-02-23 12:50 |

スペシャルな日

d0058543_1784848.jpg

今日は入籍記念日でして、レストラン@☆☆で美味しいランチをいただきました。

盛り沢山の一日ですが、今からはジンガロ『バトゥータ』です。楽しみ~♪
[PR]
by chiemhana | 2009-02-22 17:08 | 雑記

『MAMMMA MIA!』


♪~ゆーきゃんでーんす ゆーきゃんじゃは~いぶ
  はびんぐ ざ たいもぶ よ~ ら~いふ ふ~う~う ♪

ってなわけで、メリル・ストリープが歌って踊って頑張っている
『MAMMMA MIA!』を観て来ました。

おかげで頭の中ではABBAの曲が入れ替わり立ち代わり・・・

(↑は”Dacing Queen"冒頭の歌詞ですが、
これはわたしが3歳くらいのころ、大好きな曲だったそうで
英語詞がわかる今でも、聞いている時はただの音になってしまうのです。)

別になんてことはないです。
ギリシアの美しい島と海を背景に
見目麗しい美男美女が踊りまわりながら、
ABBAの名曲の数々を歌い上げるという、
そんなミュージカルです。

いや、本当はちゃんとストーリーがあって、
いくつもの隠れテーマがあるという
よくみると多重構造のよくできたミュージカルなのですが。


それにしても、ABBAってすごかったんだなーと思いました。
メロディアスで楽しい曲がたくさん!
それに、ミュージカルの中でセリフにあてられるほど、
その歌詞にそれぞれ物語性があるし。

こういう形式のミュージカルを「ジュークボックス・ミュージカル」というのだとか。
同じジュークボックス・ミュージカルなら、
全編ビートルズの曲で構成された『アクロス・ザ・ユニバース』の方が良くできていたような。
でも、それは自分が曲を知っているから、余計にそう思うのかもしれません。


そこでさっそく、ABBAも聞いてみることに。
今更ながらですが・・・

アバ・ゴールド

アバ / UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)


[PR]
by chiemhana | 2009-02-18 11:48 | 映画

ゾウさんギター

d0058543_1065214.jpg


我が家の新しい仲間、ゾウのフェルナンデス(←そのままですね)

夫からリクエストされていたのに、誕生日にもクリスマスにもすっぽかしていました。

ようやくバレンタインにプレゼント。


さっそくポロポロとつまびいて嬉しそう。
喜んでもらえてよかったよ。
ボーナスカットで淋しいお財布事情、無い袖振って手に入れたからね。


翌日はスコアが欲しいと、わたしがこのギターを購入した楽器やさんへ。
ストラップやピックを選びます。ピックはわたしにも選ばせるので「?」と思いながらも猫のイラストいりをチョイス。
スコアは、夫はMr.Childrenの本を見比べながら、わたしにも選ばせるので、弾いてくれるのかしらと思いつつ、くるりとどちらにするか悩んでスガシカオを。

…帰宅すると始まったのはわたしのギターレッスンでした。

えぇ~!?わたしも弾くのかよぉ~!

とりあえず、『前人未踏のハイジャンプ』

♪~いけ ぜんじんみと~の~はぁいじゃぁんぷ~♪
ようし、こうなったら、いつかは『黄金の月』だ。
と気合い入れて深爪までしてみた(加減というものがわからないアホ)ものの、まぁいつまで続くかわかりませんけどね。



それにしても、家に楽器があって、それで音楽を奏でられるっていいですね。
ピアノは(ふたりとも持っているので、どちらのを持ち込むか)決着がつかずのままだけど、やっぱり家にほしいなぁと思いました。
[PR]
by chiemhana | 2009-02-16 10:06 | 雑記