本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました


大晦日の今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

わたしは横目で上方落語の番組を見ながら、
工作中・・・(でも大半は夫の手を借り・・・)

このあとは、わたしの実家へ移動して美味しいものを頂き、
元旦の明日からは小旅行の予定。




今年はわたし的には波乱の一年でした。

波風立てないように、周りの波に上手く乗ることばかりに気を取られていたせいで、
舵を失くしてしまったいた、
そのことに気付いて、
なんとか自分で舵を取ろうともがいて、
かえって、とっちらかってしまったようなところも。

そんなときに、
いつも読んでくださっている皆さま、
あたたかいコメントをくださる皆さま、
それから、わたしがいつも読ませてもらっているブロガーの皆さま、
皆さまとのつながりや、皆さまの言葉がどれだけ頼りになったことか!

来年は、
波風も立てず、上手く舵も取れるように・・・
って、欲張りすぎか。
とにかく一生懸命、生きて生きたいと思います。


来年もどうぞ、よろしくおねがいいたします!

どうぞ、良いお年をお迎えください☆

[PR]
by chiemhana | 2008-12-31 14:46 | 雑記

ダウンしています…

d0058543_1415857.jpg


一昨日から体調不良でダウンしています。

おかげで会社の大掃除ができず&仕事納めに顔を出せませんでした。

そして、一月前から楽しみにしていたレストラン(☆☆)でのランチもキャンセル…トホホ…


でも、ろくに食べずに寝てばかりいるせいか、肌の調子だけは良いみたい。

一年の疲れかとも思いましたが、そうなるとこのところの暴飲暴食が祟ってのものでしょうか。


いずれにしても年内には復活して健やかに新年を迎えたいものです。


写真は、わたしが寝ている間に夫が切っておいてくれた林檎。子うさぎがいました。


皆様もどうぞご健康で!
[PR]
by chiemhana | 2008-12-28 14:15

上下関係!?


かわいい弟のタロウ(黒のラブラドール・レトリーバー、もうすぐ6歳、♂)は、
母のことが大好き。
母が留守にしていると元気がないし、
母に撫でられたり抱きしめられたりするとデレデレして、
家の中では母の後をついて歩きます。


d0058543_1756487.jpg




タロウも男子の例に漏れずマザコンだよね~、というわたしの一言から発展した
先日のわたしたち母娘3人の会話。

「でもね、わたしとパパの二人とも居る時は、わたしの言うこときかないことが多いのよ。
  パパが言うと、さっとそれに従うの。憎たらしいわよ~。」


「わたしたちの時もそうだよ。Kenくん(妹の夫)がいると、わたしの言うこときいてくれない。」

「あなたのことは、そうでなくても、自分の妹分みたいに思っているところがあるからね。」

「あ、でも、ウチの場合は、夫くんよりわたしの言うことをきくよ。」

「それって、タロウが上下関係を見抜いてるんじゃないの!?」

で、3人爆笑。


わたしたち夫婦は、一般的な夫婦像に照らしてみると、
一見、その役割が逆転しているように見えると思います。
かなり風変わりな夫婦のかたちです。
傍目からは、わたしが夫をドカンと尻に敷いている、
そんな風に見えるでしょう。

本当は、そんなことないんだけどね!!

半ばわたしも自分で、主導権は自分が握っているんじゃないかと錯覚することもあるけれど、
ふと気が付いてみれば、わたしの方が手の平で転がされているという具合でして。。。
(え?誰も信じてくれない!?)



でも、わたしは密かにこう思っています。
タロウがわたしのことを大好きだから☆だと。(←アホ)
[PR]
by chiemhana | 2008-12-25 18:04 | 猫&犬

イヴなのに!それともイヴだから?


また、やってくれましたよ、わたし。

ドジを。


先ほど、銀行関係の用事を済ませるために上司の運転する車で外出しまして。

車に乗っている間に携帯を操作していて、
銀行前に着いたので携帯をポケットに入れて車を降りました。

用事が済んだので、車で待っている上司に連絡しようとしたところ、
・・・携帯がない!
服のポケット、バッグの中を、いくら探しても、ない。

ポケットに入れたつもりで、車に落としてきたのだろうか・・・

慌てて車に戻ってみるが、車にも、ない。

もう一度銀行に戻ってみるが・・・やはり、ない。


あの携帯には、仕事関係もプライベートも
とにかく、たくさんの個人情報がぁ・・・!


・・・背筋が寒くなりました・・・
クリスマス・イヴだってのに、なんてドジ踏んでるんだ、わたし!
これで皆さんに大迷惑をかけることになったらどーすんのぉ!?



車にも銀行にもないとなると、
車から降りた路上ということになるけれど、
降りた付近にそれらしきものは見当たらない。

こうなったら、交番だ!(もう「交番」て言わないの?)

幸い、比較的近くにあったので
急いで行ってみると・・・
ありました!
届いていました!!
「運転手さんが届けてくれてね、でも御礼の電話とかいらないそうだから」って。
・・・ありがたい・・・(涙)
結局、コートのポケットに入れたつもりできちんと収まっていなかったらしく、
車から降りたところで路上に落としていたのですが、
探していた時間はいろいろ走り回っても10分くらいと短いものでした。
こんな幸運は、クリスマス・イヴだからかしら。。。

それにしても、
あー、助かったー!
届けてくださった運転手さん、ありがとうございます!


こうなってみると、喜びもひとしお。
しばらく笑顔を抑えることができませんでした。

もちろん、上司には叱られましたけど。。。


とにかく、皆さんにご迷惑をおかけすることがなくて、
本当によかったです。

皆様、
どうぞ良いクリスマスをお過ごしくださいませ!
これに懲りず、引き続き小松菜亭ご愛顧のほど、宜しくお願いします!
・・・って、企業だったら言えないよね。

本当に反省しています。。。
以後、厳重注意します。。。




ところで、
「落としたのはどんな携帯?」って聞かれまして、
機種とか、
つけてるストラップの情報などが、
瞬時に思い出せなかったわたしの頭も心配です。。。

あぁ、へこむわ。いろんないみで。
[PR]
by chiemhana | 2008-12-24 15:55 | 雑記

美味しいおすそ分け

d0058543_16375294.jpg

夫の実家の(マンションの)隣室には、オペラ歌手の女性がお住まいなのだそうで。

義母は、一年の大半を海外で過ごす彼女宛の郵便物を管理してあげているそうです。

現在帰国中の彼女は、先日神戸での公演を終えて帰宅。その時に、神戸へ行くといつも買ってくるという特注品のケーキをお土産にくれたのだそう。

普段は滅多に行かないのだけれど、早めにクリスマスプレゼントを届けるためわたしたちが訪ねた先週の日曜日が、義母がそれを頂いた翌日だったので、わたしたちもおすそ分けをいただきました。。。

お店の名前もケーキの名前も不明なのがすごく残念!
ナッツとイチジクが効いていて、とっても美味しいケーキでした~!
[PR]
by chiemhana | 2008-12-23 16:37

HairCutとクリスマスプレゼント第一弾

d0058543_16263328.jpg

ずっと、どうにかしたいと思っていた髪の毛を、昨日切りました。
ばっさり!と30センチくらい。


夫が買い物したいというので最近新しくできたショッピングセンターへ。

向かう途中で、そこがオープンする前に見た折り込み広告で、確かカット専門店があったのを思い出して、急遽予定を追加。

普通の美容室もあるのだが、向かうは「千円カット」の店!


正確には、カット&ブローで1300円でした。
受付はタッチパネルで、待ち人数や待ち時間までわかります。
お子さんはDVDを見ながらカットしてもらえるそうで、家族連れのお客さんも多いようでした。
我が家も、わたしが切ると言ったら「じゃあボクも」ということに。

シャンプーがないので、スプレーで髪を湿らせながらですが、あとの手順は普通。ちゃんと丁寧にカットしてくれます。
長さを決めた後一度乾かして、ボリューム調整。
最後にドライヤーで髪を飛ばして、掃除機の様なもの(!)で髪を吸い取って、おしまい。

所要時間40分ほど。
夫はその半分くらいの時間だったそう。

切り立ては、パッツンパッツンて感じでしたが、帰ってから洗って乾かしてみたら、まぁ悪くないです。



さて、そのあとは、父が気まぐれで注文したと言うカニを食べにくるようにと喚ばれて実家へ。
(…確かに喚ばれたのですが、カニ以外の食材はわたしが買い出して下準備まで…)

これがそのまま少し早目のクリスマスパーティーということになり、プレゼント交換も。

で、写真は切り立ての髪と、妹夫婦からわたしがもらったクリスマスプレゼントのピアスを一緒に写してみたもの。。。

写真ではわかりづらいけれど、ピアスは、透明の雪形とシルバーの雪形が揺れて重なってキラキラして、すごくカワイイんです!



妹夫婦からは他にも心憎いプレゼントをもらったので、また紹介したいと思います。
[PR]
by chiemhana | 2008-12-22 16:26

新しいお友達♪

d0058543_23263228.jpg

d0058543_23263274.jpg

写真上:マンダラさん作、インドっ子マトリョーシカ

ビンディー(第三の目)と、胸元に、キラキラなスワロフキーがついています。そこへ、会社関係の鍵につけようと、更に金運UPに良い石をつけてもらいました。



写真下:北欧出身の妖精、トムテたち
(ニルスをちっちゃくしちゃった、例のあの人の仲間ですね。)

何やらサンタクロースの助手もするのだとかで、良いクリスマスを迎えるために、我が家にもおいでいただきました。
[PR]
by chiemhana | 2008-12-15 23:26

『ハッピーフライト』


『ハッピーフライト』を観てきました。

(まーた、観てから2週間が経っていますが。)


結論から言います。

とても楽しい、上質なエンターテインメント作品です。

新人キャビンアテンダントをめぐるハプニングとリベンジマッチ、
昇格を賭けたOJT中のドジなパイロットの苦闘、
グランドアテンダントたちの奮闘、
整備士たちの真剣勝負、
管制塔やオペレーション・コントロール・センターの頭脳戦。
それらが、笑いを含んだかなりゆるいタッチで描かれます。

事態そのものは手に汗握るハラハラ感があるのだけれど、
要所要所でプッとふきだしてしまう、
クスクス笑ってしまう、
と同時に、ジーンと感動させられもする。

特に、何がどうなって・・・という、
ヤマやオチはないかも。

でも、観終わった後に爽快感と、心にほの温かさを感じます。

それは、
普段は表舞台に登場することのない、「縁の下の力持ち」たちが
さりげなく、でもしっかりと描かれていたからではないでしょうか。
それに、一見つながりがないように見えても、
みんな目的は同じなんです。
それって、わたしたちのすごく身近な事柄の
あらゆる面において当てはまることではないかと思います。
その目的の下で自分ができることを精一杯やるって、
すべての基本ですよね。

そんな風に励まされるような映画でした。

役者さんたちが皆素敵だったしね。
時任三郎があんなにカッコイイとは知りませんでした。(スミマセン)
綾瀬はるかはかわいいし、
やっぱり寺島しのぶはいいです!惚れちゃいそうです。
そして、岸部一徳と笹野高史がイイトコ抑えてました。



あぁ、それから、
この映画を一緒に観たことで、
実は夫がかなりの航空オタクだということが判明しました。

・・・たまらなかったみたいですよ、航空オタクの彼には。この映画って・・・
[PR]
by chiemhana | 2008-12-13 11:12 | 映画

イングリッシュ・ベイビーサイン


ひとつには、英語の勉強をしている上での延長線上でもあり、
ひとつには、個人的な興味を非常にひきつけられたからでありますが、
実は先月から、イングリッシュ・ベイビーサイン協会の講師育成講座を受講中です。


イングシッリュ・ベイビーサインとは何か?

それは、言葉を話し始める前の小さい人たちと
コミュニケーションをとるための手段
です。

赤ちゃんは発音器官の発達が整っていないためにお話しできませんが、
赤ちゃんだって、言いたいことはあります。

そこで、赤ちゃんでもできる「手の動き」を使って、コミュニケーションしよう!
というのが、ベイビーサイン。

現在はさまざまな種類のベイビーサインと、
それをそれぞれ普及させようという団体がいくつもありますが、
わたしは、
SEE(Sign as exact English)という英語対応手話に準拠して
そこに赤ちゃんにもできるやさしい動きを取り入れた
イングリッシュ・ベイビーサインを選びました。

自分に赤ちゃんがいないので、日常的に使うために取り入れることはできないため、
それを学ぶために、講師育成講座を受けることに。

それで現在なかなか大変な毎日を送っているわけですが、
今まで使ってこなかった思考分野や筋肉を使うという、
刺激的な経験でもあります。


で、なぜ、わたしがそんなことを始めたか?
ここへきて突然「赤ちゃん」関連というのも、
「あら、年齢的に・・・?」などと思われそうですが、
これまでも現在も、実はわたしは「自分の子を持つ」ということにそれほど執着がありません。
ただ、小さい人たちと、彼らへの「教育」には関心があります。
それは、彼らが、わたしたち全人類の希望、宝であるから。
・・・ありゃ、ちょっと話がデカくなりすぎました・・・?

いえいえ、ただ単に、自分が小さい頃から赤ちゃんが大好きで、
どこかで「生まれた!」と聞きつければ、
新生児を抱っこしたくてかけつけるという、ただ好きなだけで、
それに、
彼らは何を思って、通りすがりのわたしに視線を投げかけ微笑んだり、
「あー、うー」と話しかけたり、顔をそむけたりするのだろう、
と思っていたからです。

サインを使えば、それがわかるわけですよ。
(もちろん、通りすがりは無理だけど・・・)


そんなわけで、
こことは別に、新館ということで、
「小松菜亭スタディーノート」を開設しました。
(URLはこちら→http://ebabys.blog41.fc2.com/)

当面は「大変~」という泣き言になるかもしれませんが、
英語やイングリッシュ・ベイビーサインについて、
それに関連して思うことなども書いていくつもりです。

何しろ、育児の経験がないのに、育児関連のことに足をつっこんでしまったので、
おかしなことを言っていたり、わかっていないようなときは、
どうぞ温かいご助言を。
そして、身の回りでのベイビーサイン事情なども、ぜひ教えてください。
[PR]
by chiemhana | 2008-12-11 22:01 | EBS

ねじる三角のポーズとバカアサナ


昨日は疲れていて、少しだるかったので、
のんびりやろう、と思ってクラスに行ったのに、
出るとがんばってしまう・・・

昨日はねじる三角のポーズ(パリヴルッタ・トリコーナアサナ)が
前半、スタンディングポーズの主役でした。
いつものように、いろいろなポーズをしながら
体のあちこちを伸ばして準備。

いざねじると、腹部が、いや腹部だけじゃない背中も、悲鳴を・・・
ねじるポーズは苦手なので、もうずーっと、セルフプラクティスでは省いてばかり。
嫌がらないで、もうちょっと真面目にやってれば、
メタボ予備軍にはなっていなかったろうにねぇ。。。


そのあとの、半月のポーズ(アルダチャンドラアサナ)は気持ちよかったな。
先生は「ねじりのポーズのあとの平面ポーズは気持ちいいわよ」とおっしゃって、
半月のポーズをしたのだけれど、本当でした。
バランスもとりやすかったし、体のなかに空白ができたかのような感触を味わいました。


で、クラスの途中で、「ん???」と思ったのは、
「足が痛くない、攣らない」

このところ、この足の痛みが、クラスでポーズをとっている時にも気になることがあったり、
左足をかばっているからか、右足に疲れがあって、すぐに攣りそうになっていたのです。

昨日はそれがなくて、すこぶる調子が良かった。


で、後半のテーマは、「股関節をひらいて骨盤をゆるめる」
また、いろいろなアプローチで股関節をほぐしていきます。
そしてチャレンジしたのが、バカアサナ(鶴のポーズ)

これも、顔から落ちるのが恐くて恐くて、
しかも、自分の全体重を手だけで支えられるわけがない、と思って
今までなかなかできなかったポーズです。
以前一瞬だけ、足先が床から離れたことがありましたが、
その後もやはり、ポンと一瞬跳ね上がったような、そんな程度の出来でした。

昨日は、前半で大分体があたたまって、ほぐれて、気も大きくなっていて、
今までのような恐怖心がなく、
先生の「徐々に重心を前方へ移動していくのよ」という言葉の通りにイメージしてやってみると、
ちゃーんと足が床から離れて、
でもグラグラするので長時間ではないものの、
「手に乗る」というよりも、「体が持ち上がっている」という感覚で
ポーズをとることができました。

できた、ということよりも、恐怖心に代わる良いイメージを持つことができたことが嬉しくて、
1人でニカニカと笑ってしまいました。


でも、そのあとに、何と言ったっけ?名前が出てきません、
肩幅に開いた足の間から手を後ろへくぐらせる、やはりハンドスタンドのポーズですが、
それにチャレンジしたときは、途端にまた恐怖心に絡め取られて動けなくなっていたのですが。


最後は肩立ちのポーズをして、シャバアサナへ。

肩立ちのポーズも、だんだん肩周りが楽になってきているのが感じられるし、
シャバアサナでは、以前はよく寝てしまい(自分のいびきで驚いて起きたり)ましたが、
覚醒しつつリラックスするというのがわかりつつあるように思います。



そんなわけで、様々な意味で嬉しい時間でありました。。。
[PR]
by chiemhana | 2008-12-04 18:20 | yoga