本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

おいしいココアの秘密

最近クレープやさん、多いです。
いたるところで甘い誘惑に出くわすので困ります。
うちの近所だけでしょうか?
とりあえず、一通り(!)試してみるのですが、実はどれもイマイチなんです。。。

わたしと妹と母、3人ともがLOVEなクレープやさんがあります。
こじんまりしたスーパーの一角に構えた、これまたこじんまりしたお店です。
おじさんが1人でやっています。

何かが違うんですよ。
生地ももちもちしていておいしいし、種類豊富、そして多分クリームとかジャム類もオリジナルで、これがおいしいんですよ。
野菜クレープもあって、軽食にもなります。これもマヨネーズやソース類が特別なようで、とてもおいしいです。

そこで先日ココアを頼んでみました。
これがまた!絶品なんです。
外でココアを頼むと、生クリームをふんだんに使ったリッチな感じのが出てきたりしますが、そういうの、あんまり好きじゃないんです。
でも、あのココアは違うんです。
「濃い」ような気がするけど、単に「濃い」だけじゃない。なんだ?なんでこんなにおいしいんだ?わたしが家で作るのとはまるで別物。
カウンターの中をのぞいてみるけど、ココアの種類は普通に手に入るもののよう。
とても気になり、好奇心がむくむくしてきてしまったので、おじさんに聞いてみました。

「何でこんなにおいしくできるの?」
「秘密。」
「・・・」
と始めははぐらかされたものの、こんなことを教えてくれました。
・・・実は2種類のココア粉を混ぜてる。それと、濃く作ってる。牛乳も濃いものを使ってるし。そして煮詰める。あとは苦味とのバランスを見ながら、甘さを加える。苦味と甘さのバランスが重要なんだ。
だ、そうです。なーるほど。
ちなみに、分量は特に決めておらず、いつも適当なので、時によって味は違うよ、とのことでした。

さっそく今朝、おじさんの秘策を参考にココアを作ってみました。
2杯作るところ、ココア粉は3杯分。(倹約家の夫に叱られるかな!?)
牛乳は濃いのじゃなくて普通のだけど、砂糖は控え目にして、ふつふつと沸騰させてみました。
そしたら、なかなか近い味のができましたよ。
夫は黙って飲んでいましたが、わたしはひとりで満足♪ニヤニヤしながら飲んでました。

わたしはアレンジやアドリブが苦手。
教科書通りにするのは、割と得意なんですけどねぇ。
パッケージに書いてある「作りかた」通り忠実に作っても、「すごくおいしい!」のは出来ないんですねぇ。


ちなみに、このクレープやさんがどこにあるかは秘密です♪
[PR]
by chiemhana | 2006-02-28 17:35 |

『Desperate baton』

先日rechargeさんから受け取ったDesperate baton、書いてみました。


1.あなたのお名前は?
小松菜(chiemhana)です。

2.あなたの好きな色は?
ブルー、でしょうか。

3.あなたの愛用コスメを3つ教えてっ♪
 化粧らしい化粧をしないもので・・・
曼荼羅石鹸房さんの石鹸
「FOR YOGI」は手離せません。「NEEM」と「豆乳」も大好きです。髪も体も顔も、洗ってしまいます。
RAFRA「UVベースカラー(ナチュラル)」
とりたててすばらしい商品というわけではないのですが、わたしのニーズにちょうどよいです。UVローション以上ファンデーション未満、といったところで。基礎化粧のあと、これでフィニッシュ!(もうちょっと手入れしろって自分でも思いますが。)
Santa Maria Novellaの「オーデコロン(フリージア)」
もともと香水大好き、すれ違った人がまとっている香を言い当てられるくらい、香水フリークでした。でも、ここのを知ってから、シャネルもディオールも、もうどうでもいいです。

4.あなたの愛用ブランドを3つ教えてっ♪
agnis.b 
高校生の頃から大好きです。おばあさんになっても着ていたい。
TUMORI CHISATO
最近は特にSLEEPのラインを良く着ます。肌着、寝巻きの類ですね。なんてったってかわいいのと、木綿を使った商品が多いので、敏感肌のわたしにはとても嬉しい。アウターのラインも大好きですが、イマイチわたしには似合わないみたい。。。
CARTIER
書くかどうするか、非常に悩みました。たくさん持ってるって思わないでください。愛用しているのは時計。時計も元々好きで、いろいろな形のものをたくさん集めていました。でもここのを手にしてから、こればっかりです。ちなみに何かといえば、ありがちなタンクフランセーズ。同じのしてる人、たくさん見かけるんですけどね・・・でもしっくりくるんです。パシャも持っていましたが、結婚の記念として夫に。(おさがりだけど、ちゃんとオーバーホールして、ラッピングもしたんだよ!)次はタンクアメリカンが欲しいなぁと思っています。そしていつかはまた自分用にパシャが欲しいです。

5.あなたの好きな異性のタイプは?また、あなたにとって恋愛とは?
好きなタイプ→清潔な人。よく食べる人。味の判る、食べ方のきれいな人。こだわりのある人。
恋愛とは→ん~、風邪みたいなもの?夫とは、風邪が治っても好きだったので結婚しました。ははは・・・ちなみに夫は上記のタイプの中で、あてはまるものが1つしかありません。何でだろ?

6.あなたの好きなお友達のタイプは?また、あなたにとって友情とは?
好きなタイプ→前向きな人。向上心のある人。まわりが見える人。意地悪しない人。
友情とは→世間一般に「恋愛に終わりはあっても友情に終わりはない!」と言われますが、わたしは友人にひどく裏切られたことがあるので、友情というものにあまり信頼をよせていません。でも、自分が裏切ることが無いよう、友達に限らず人との関係において、精一杯努めていたいと思います。

7.あなたにとってDesperate(欲しくてたまらない)なものって何?
季節柄、新しいスノーボードの道具がとても欲しいです。(行く予定は無いんですけどね。)
あとは、「手に職」が欲しいです。(・・・努力しろよって?)

8.次にバトンを回すあなたの大好きな人たちを5人教えてっ♪
時間が経ってしまったし、最近みなさんに不義理を働いているので、コレ読んで「面白そう」「書いてみたい」と思われた方、持って行ってください♪


9.このbatonを受け取ったブロガーちゃんのお名前
Rechargeさん。すっごくかわいい方なんです♪お人形さんみたい。お住まいも比較的近いようですし、ヨガはもちろんのこと、その他のこと(おいしいものとか!)でもまたご一緒したいものです。。。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-27 09:41 | 雑記

和船のリズム

いつもよりも一段低いところから、木々や空を見上げます。
景色はゆっくりと流れていき、聞こえてくるのは静かな水音。
体にかすかな揺れが伝わります。

日曜日に横十間川親水公園で和船に乗ってきました!

曲線の美しい櫓で船を漕いでくれるのは、ボランティア団体「和船友の会」の皆さん。
メンバーのほとんどが、かつて船頭さんや漁師さんだったというプロの漕ぎ手。(かなりご高齢)
後から漕ぎ方を教わってメンバーに加わったと言う中学生や高校生もいます。現在練習中という中学生の女の子もいました。
早朝から集まって手入れをするという和船は、新品のようにキレイでいながら、年月を重ねたあたたかさも感じられます。(実際は古い船です。)

いや~、こんなことやってるなんて知りませんでした。
しかも10年も前からだそうです。

先日NHKの「小さな旅」を見ていたら、見覚えのある風景が・・・
それが子どもの頃、よく手漕ぎボートに乗るために通った横十間川親水公園でした。
そこで毎週和船友の会の皆さんが和船を漕いでくれます。
乗船料金はなんと無料!

短いコースですので、ほんの15分~20分程度の乗船時間ですが、のんびりとした、でも軽やかな気分になれるひと時です。

ちなみに、12月~2月までは日曜日、3月~11月までは毎週水曜日だそうです。
日曜日に乗れるのは来週が最後。
・・・もちろん来週も行きますよ!



d0058543_1358438.jpg

[PR]
by chiemhana | 2006-02-21 13:59 | 雑記

『僕のニューヨークライフ』 

久々の映画ネタです。

恵比寿ガーデンシネマで、『僕のニューヨークライフ』をみてきました。

ウッディ・アレン映画が好きです。
『男はつらいよ』的な安心感と、くすくす笑い満載なところがいいです。

マンハッタンに住む若きコメディー作家のジェリーは、本当はシリアスな小説を書きたい。でもマネージャーのハーヴィーは、安いギャラでつまらない仕事ばかり取ってきては、高い手数料を請求する。
女優志望の恋人アマンダは、とっても魅力的。でも何故か最近しっくりいかない。
仕事も恋も、いまひとつうまくいかないジェリーは、高校の教師をしながら、同じようにコメディー作家をしているドーベルという男と出会う。奇人だが、とても力強いアドバイスをしてくれるドーベルの言葉にしたがって、ジェリーは自分の生活を見直し、改善しようとするが・・・。


期待を裏切らないくすくす笑い。
でもイマイチしっくりこなかったのは、アマンダという女の子が好きになれなかったからかもしれません。
よく考えてみると今までは、馬鹿なんだけど憎めないという具合に、どのキャラクターにも愛情を感じられたのですが、今回のアマンダにだけは、愛情を感じられませんでした。
クリスティーナ・リッチが演じるアマンダは、確かにセクシーで魅力的でしたが、理解できなかった。。。

でも、やっぱりウッディ・アレン。
今回主演は彼ではなくて、ジェイソン・ビッグス。
なのにそのしゃべり方や身振りはウッディ・アレンそっくり。
若くて可愛いジェイソン・ビッグスが、どもったり、落ちつかなげな身振りをしているのをみるだけで、笑えます。
またウッディ・アレン演じるドーベルの捲くし立てる哲学は、わけがわからないけれども笑えて、ちょっぴり納得できます。


ま、人生ってそんなもんよねってお話でした。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-18 14:16 | 映画

表参道ヒルズ

d0058543_131034100.jpg


行って参りました、表参道ヒルズ。

数年前、同潤会アパートが取り壊されると聞いてとても淋しい気持ちでいたところ、TVで新しい建物の模型をみて、感動のあまり涙が出たのを覚えています。

それ以来、ずっと待っていたんですよ~、できあがるのを。

すごいです。
あの、らせん状の回廊(?)
はじめに一番上までのぼり、あとはずっとぐるぐる歩いて一番下まで降りてみました。
フロアーの境目が無いも同然。
斜度もそれほど苦にならない程度。のぼりもOKです。
かつての窓枠や扉などを生かした同潤館も、なかなか素敵です。
感動しました。。。

お店も、「こだわり」の感じられるものが多くて、見ごたえありました。

実は平日に休みをとって行ってきたのですが、あまりの混雑のため、目当てのお店でお食事やスイーツを味わうことが出来ず。。。ほとぼりの冷めたころ、また行ってみたいものです。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-18 13:10 | 雑記

幸せワンコ

d0058543_12172190.jpg

タロウが通っている専門学校で、タロウを担当していた学生さんたちが卒業します。

昨日は最後のトレーニング授業でした。

学生さんの一人が「今日で最後なので、タロウにプレゼントです。」と言ってくれたそうです。

クラフト紙の袋にブルーのリボンがついています。
とても美味しそうなワンコ用クッキーはハートの容器に入っています。
星型突起が可愛いボールは、タロウの好きそうなココナッツの香がして、これまた大好きな押すと音の鳴るタイプ。
教室で撮ったらしい、ちょっと首を傾げたタロウの写真にはメッセージ付きでした。

トレーニング中は怖がってぶるぶる震えたり、嫌がったりとかなりてこずらせることもあったようです。最後の何回かは頑張ったようですが、そんなタロウを可愛がってくれて、素敵なプレゼントまでくれて、本当にありがたいことです。
ちょっと胸が熱くなってしまいました。。。

タロウ、あんたは幸せワンコだね~!!
[PR]
by chiemhana | 2006-02-16 12:17 | 猫&犬

気分転換

髪の毛を切ってみました。
結構ばっさりと。15センチは切ったでしょうか。
肩甲骨の下まで届くほどの長さだったのが、肩に触るくらいになりました。

途中毛先を手入れしたりしたものの、結婚を決めてから伸ばしはじめて約3年。
よく伸ばしたものです。

本当はもうちょっと長くしようと思っていたのだけれど、さすがにちょっと邪魔になってきたのがひとつ。
切るという決断にいたるための理由が思いつかなかったのですが、昨日の朝、「また一から伸ばせばいいじゃん」というちょうどよい言い訳を自分の中で思いついたのがひとつ。
で、昨日予定していたミーティングが突如延期になったので時間が出来たのがひとつ。

そんな条件がそろって、美容院へ。

パーマをかけていた部分がまだ毛先に残っていて、自分のクセとあわせて、「ブローしても寝癖みたい」な頭になっています。

カラーをするのをやめて大分経つので今回のカットでおそらく全部自分の髪の色になったはずで、それが嬉しいです。
でもまだ誰も褒めてくれないので、ちょっとへこみ始めています。。。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-16 10:38 | 雑記

晩ごはん

d0058543_1044118.jpg

バレンタイン・デーだというのに、わたしは大残業。
夫が作っておいてくれたのは好物のオムライス。
付け合わせは、水菜のサラダときのこのポタージュ。…おいしかったですぅ…

左端に写っているのは、わたしがあげたキハチのチョコレートバウムクーヘン。(自分が食べたいっ思って選びました、はい。←やっぱり鬼嫁!?)
前回のエントリーで誤解を招いてしまったようですが、ピエール・マルコリーニは夫が同僚から戴いてきた「義理チョコ」(最近は感謝チョコって言うんですか?)なのです。
それにしても、義理チョコにピエール・マルコリーニなんてすごいですよね。
お返しに悩んじゃいます。。。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-15 10:44 |

バレンタイン!

d0058543_23411080.jpg


一日早く、夫の戦利品です。

憧れの、ピエール・マルコリーニ!!
すごい!
美しいです!
何だか箱も立派です。

もったいなくて、手がつけられません・・・
って言って、きっと明日にはしっかり食べちゃうのでしょうけれど。
てへっ。

え?それは旦那様のものなのでは・・・って?
ええ、でも、彼のものはわたしのもの♪
(わたしのものも、わたしのものですが。ほほほ。。。←鬼嫁!?)
[PR]
by chiemhana | 2006-02-13 23:41 |

ヨガ・ウィーク

先週の土曜日は九段下でハーフ・プライマリーを。
実は風邪を引いたり頭痛がしたりで、一週間ぶりのアシュタンガでした。
きっと体も硬くなってて、しんどいだろうなぁと思っていたら、意外にも体も軽いし、かえって柔らかくなっているかのような感触。
自分で、特にバンダを意識してやってみたのですが、ねじりのポーズも少しですが、今までよりも深く入ることができました。
そして今回は一通り、リタイアせずについていってみました。
ちょっと肩が辛かったけれど、とても楽しい時間になりました。

翌日の日曜日は、フルラでハタ・ヨガを受けてみました。
アイアンガーのように、一つ一つのポーズを丁寧に作っていきます。
でも、アプローチの仕方が結構違います。すると、出来上がったポーズの効き具合もかなり違います。ホールド時間も長いので、普段なじみのあるポーズでも、本当にいつもとは違った印象。
クラスは、ミカ先生の明るく楽しい人柄が反映された、とても楽しい雰囲気のものでした。
スタジオはこじんまりとしていて、結構寒かったです。あと、窓から向かいのビルの階段の人の行き来が見えるのがちょっぴり気になりましたが、クラスが楽しかったので、機会があればまた受けたいです。

さらに、水曜日はLotus8で直子先生代行タカ先生のアイアンガーを。
アイアンガー・ヨガは今まで直子先生のクラスしか受けたことがなかったので、ちょっと緊張。
直子先生もいつも興味深いお話をしてくださいますが、タカ先生の哲学のお話も、非常に興味深かったです。
この日のテーマは「自分の内面をみつめる」でしたが、その前に、同じポーズを同じようにとっているはずなのに、何だかいつもとは違う感じです。ちょっとしたことなのですが、「土踏まずをつぶさないように」と言われたのです。土踏まずを意識したこと、ありませんでした。やってみると、いつもとは根本的に何かが違う印象。
すごい。奥深いです。
そんなことに心の中で感歎していたもので、「内面をみつめる」ことがおろそかになっていましたが、見つめようとするだけでも、ポーズが安定するような感触を覚えました。
おもしろいです。
直子先生は、例えば立ち木のポーズであれば、「木になったつもりで」と仰います。それも、ポーズに自分が溶け込むような感じがして気持ち良いのですが、自分の体や心の状態を見つめるのも良いなぁ、と思いました。


最近、自分の体のことが少しずつみえてきて、ヨガをする度に、「ここが柔らかくなってきた」とか「ここが硬い」ということを実感します。
また、どこがどうしてなのかはわからないものの、「右は出来るのに左は出来ない」(その逆も)ということもしばしば。
少しずつ色々なことを知って、体も変わってきて、するとまた新たにわかることがあって・・・とささやかなサイクルではありますが、好循環が出来つつあります。
それゆえ、このポーズをこんな風に完成させたい、と闇雲に思う気持ちが薄れてきました。

タカ先生が、「例えば前屈は、腿とお腹の距離を縮めるのがコツ。すると膝裏がつっぱる感覚があるでしょう。でもそれは立ちポーズを繰り返し行うことによって柔軟になってきます。」と仰ってました。
だから、アシュタンガでもはじめにスタンディング・ポーズを繰り返し行うのだし、次のポーズが出来ないうちはその前までのポーズを繰り返し行うべきなんだな、とちらと思いました。
先へ先へと欲張らず、地道にしっかり練習していきたいです。


今週末から来週にかけて、ちょっとヨガからは離れてしまいそうなので、その前にちょっとしたヨガ・ウィークにしてみました。
[PR]
by chiemhana | 2006-02-10 11:19 | yoga