本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:雑記( 130 )

みたかったな

d0058543_15541548.jpg


会社の、荷受担当のおじさんは、
日食を見られたそうです。
いいなぁー(-.-;)
ちょうどよい具合の薄曇りで、
肉眼でも見えたのだそうで。

でも、わたしも携帯のワンセグで見てましたけどね。
・・・もちろん仕事中でしたけど。





写真は、しばらく前に妹が送ってくれた
はなの写真。

まるで音楽に聞き惚れているように見えます。
確かにご機嫌だったそうですが、
(のどをごろごろ・・・)
音楽を聞いていたわけではありませんでした。

現在わたしの携帯の待受画面。
[PR]
by chiemhana | 2009-07-22 15:54 | 雑記

d0058543_12252843.jpg


今日は雨ですが・・・


日曜日、うなぎにありつけるというので実家へ。

家族が集まるのを待っていると、後から来た義弟が
「虹が出てるよ」

慌てて屋上へ上がると、二重の虹がくっきりと。

雨も降っていないのに珍しい光景でした。
[PR]
by chiemhana | 2009-07-21 12:25 | 雑記

願い事


仕事で、七夕の短冊の後片付け(のようなこと)をしました。


こどもの願い事はかわいらしいものだと
世間一般に思われがちだけれど、
「???」な内容もいろいろ。

かなりがっかりさせられたのは
「お金持ちになれますように」系。
「1万円拾えますように」は笑えるとしても、
「ロト6があたりますように」って・・・

おどろいたのは
「う○こになれますように」とか「う○こがつくれますように」というもの。
う○こって、何かわたしが思っているのと違うものを指しているのだろうか?

切実だったのは
「パパが早く帰ってきますように」
・・・どういうシチュエーションなのだろう・・・(涙)

そうは言っても、もちろん、こどもらしい願いもたくさんある。
「さかだちができますように」「二重とびができるようになりたい」
うん、ぜひそうなりますように!
それから、世のお子様方にはパティシエが人気の職業らしいが、
「パティシエになれますように」「ケーキやさんになれますように」
というのはもちろん多くて、
でもちょっと驚いたのは、意外にも
「おおきくなったらあんぱんまんになれますように」というのが多かったことだ。
かわいいなぁ・・・
きっと、人のためになること、役に立つこと、人を助けるようなことをしたいと思っているんだろうな、
と解釈して、ひとり気分良くしておりました。


あとは、ママさんたちが書いたと思われる
「おむつがとれますように」も結構あった。
難しいんだろうなぁ・・・



みなさんの願いが、良いように叶いますように!、とわたしも願います。
[PR]
by chiemhana | 2009-07-11 11:29 | 雑記

ふと思った



カレはきっと、本当はとてもピュアな人だったのではないか。

たくさん傷ついて、怖かったんじゃないか。

いろんなもので、いろんな手段で、
自分を傷つけるものから身を守っていたのではないか。

何となく、『ハウルの動く城』のハウルみたいだと思った。
カレに、ソフィーのような人はいただろうか。
もしいたら、もっとラクだっただろうに、と。



カレの音楽は、
大人になってからは自分の意志で選んで聴いたことはなかったけれど、
こどもの頃に耳に染み付いたものだ。

美しい声で歌い、魅惑的なダンスを繰り広げるカレは、
肌の黒い人をみて「美しい」と思った最初のきっかけでもあった。



天国で、苦痛から開放されて、幸せであるよう祈るばかりだ。
[PR]
by chiemhana | 2009-07-03 13:29 | 雑記

良縁


タロウと一緒にドッグランへ行った時に出会った、印象的なワンちゃんがいます。

ビーグルの女の子で、
フリルのついた服の背中には名前の縫い取りがしてあって、
わたしがしゃがんだら、わたしの脛に自分の背中をぴったりくっつけるように座って、
撫でてあげると気持ち良さそうな表情をしていたのと、
年齢が「2歳」だと聞いて驚いたことで、印象的だったのです。

2歳と聞いて驚いたのは、
もっと老けて見えたからです。
本来は茶や黒であるはずの毛に白いものがたくさん混じり、
手で触った感じも、若い子のつやつやしっとりした感じではなく、
てっきり、おばあちゃん犬だと思っていました。



後日、母から聞いた話では、
その子は以前の飼い主から酷い虐待を受けていて、
フリルの可愛い服は、背中についた痛ましい無数の傷を隠すためのものなのだそうです。

犬も、人間と同様に、歳をとると白髪がふえるし、肉もたるんで、毛の色艶も悪くなります。
加齢によって自然にそうなることもあれば、ストレスからも同様の変化が見られることがあります。
まだ「幼い」とも言えるほど若いのに、おばあちゃんかと見紛うほどの老けぶりの背景には
虐待があったと知って、ひどくショックでした。

その子が虐待を受けているということがわかってからは、
いろんな人や団体が協力し、苦労の末、ようやく助け出されたのだとか。

幼くして過酷な運命にさらされたその子の話は、とても胸が痛みます。
どうかこれからは幸せであるようにと祈らずにはいられません。

現在ドッグランにその子を連れてきているのは、まだ正式な飼い主さんというわけではなく、
一時的に保護している方だそうです。

彼女が良縁に恵まれますように!
[PR]
by chiemhana | 2009-06-27 13:43 | 雑記

鼻歌♪落書き


わたしはバスで通勤しています。

夕方から雨が降った昨日、帰りのバスに乗ると、
前方の一人掛けシートは満席、
後方の二人掛けシートにはちらほらと空席が見えました。

そちらの方へ歩いていくと、
二人掛けシートの窓際に座っていた小学生の男の子が
隣に置いていた荷物をどけてくれ、
「ここ良いですか?」とたずねると、こくりと頷いてくれたので
そこに腰掛けることに。

わたしは本を読み始めましたが、
隣で男の子は鼻歌を歌いながら、結露した窓ガラスに落書き落書き~♪

小柄なのとその行動から低学年なのかと思いましたが、
ふと傘の柄をみると「5年3組・・・」の文字。

あら、意外とおにいさんなのね~でも男の子ってこんな感じかもね~
と思っていると、
彼がこちらへ顔を向けました。
なので、わたしも彼の方を向いたら、
「次、降ります」って。

思わず「はいっ」って折り目正しく答えてしまいました。

大人でも、いや大人になればなるほど?
こういう風に言える人、少ないです。
何も言わずにじりじりと体の向きを変えるとか、
そのくらいならまだ良い方で、
本当に無言で押しのけようとする人すらいますから。


それに、
最近は見ず知らずの人と口をきいちゃいけないって
子どもたちは教えられているので、
あいさつすら返してくれない子もいるのに、
と思うと余計に驚きました。


落書きなんてかわいいもんです。
[PR]
by chiemhana | 2009-06-17 14:40 | 雑記

わたしが知っていることが全てではない


割と古くからの知人男性に、
「こどもは?」と尋ねられた。

こればかりは授かりものですから・・・
と答えたところ、

「あなたが太っているせいでは?少し痩せたらどうか?」
と言われた。


お酒の席で相手はかなり出来上がっていたし、
わたしもまぁ酔っていて上手く反論出来そうにないので、
その場ではさわりないように聞き流す感じでやり過ごした。



でも酔いが醒めて
改めて考えてみると、
悔しいやら悲しいやら・・・



わたしが太っているのは事実だが、
子を授からないのには
それとは関係のない原因がある。

そこまで逐一説明したくなかったし、
説明したところで
その人は持論は撤回しなかったろうと思う。

でもとても悔しくて、
よほど今からでも横っ面をひっぱたいて、
罵声の一つでも浴びせてやろうかと思ったけれど、
ふと気づいたのは、
その人は悪気があって言ったのではないということ。


そのことに気付いたら、
怒りは消えた。

ただ悲しい気持ちは残っている。


その人は、本当のことを知らないだけだ。
それで迷信めいたことを頼りに
よかれと思ってわたしに助言したのだ。

わたしもこんなふうに、いつ誰かを傷付けているか知れない。


わたしが知っていることが全てではないということ。

胆に銘じておきたいものだ。
[PR]
by chiemhana | 2009-05-18 16:42 | 雑記

ひとりでみたいかも

『ノルウェイの森』主演は松山ケンイチ、菊地凛子がヒロイン:エキサイトニュース


以前に、妄想を繰り広げている旨をここにも書きましたが、
村上春樹の『ノルウェイの森』が映画化されることになって、
そしてキャストが決定。
撮影もスタートしているようですね。


ワタナベ=松山ケンイチ
・・・いいですねぇ・・・
申し分ありません。
(キャスティングの)妄想しているうちの1人だったし、
わたし的候補の中で最有力だったので、
そういうキャスティングをされたってことは
作り手側全体に信頼感も生まれて、
かなり期待が高まります。

ただ・・・
直子=菊地凛子
にやや・・・がっかり。
だって年齢的に、
って女優さんに言ってはいけないのか。
確かに『バベル』で演じた女子高生に違和感はなかったので、
演技力に期待したいものです。


キャスティングが発表されて、また妹とひとしきり盛り上がったのですが、
来秋公開予定の映画は、
実はひとりで静かに味わいたいかも・・・
と思っていたりします。



『ノルウェイの森』についての個人的感想はこちら→http://chiemhana.exblog.jp/1214838/
[PR]
by chiemhana | 2009-05-14 17:07 | 雑記

touch!

d0058543_1916284.jpg

夫が、誕生日プレゼントにiPod touchをくれました。

欲しかったんですよねー、これ。
登場した時からずっと。
もう、すごく嬉しいです。

iphonが出た時は携帯を二台持とうかと真剣に考えたくらい。必要に迫られたわけではなく、ミーハーだからだったので、即却下でしたが。

そこで思い付いたのはipodの代替わりでしたが、そこからも長かったです。

ようやくわたしのものに…!




で、名前の話。
先代は、その色から「しろくん」という何とも安直な命名でした。
それはそれで気に入っていたのですが、新しい子はもう少し素敵な名前にしたい。

でも思い浮かぶのは、最近読んでいる本の影響でアウレリャノ(百年の孤独より)とかアレクセイまたはアリョーシャ(カラマーゾフの兄弟より)とか、やや舌がもつれそうな名前ばかり。
で、却下。

結局、背面がシルバーだからという理由から「銀ちゃん」という捻りのない命名。

…「銀ちゃん」って言ったら、『蒲田行進曲』だな。
これもこれで、悪くないね。
[PR]
by chiemhana | 2009-04-27 19:16 | 雑記

ありがとう!!

d0058543_23321579.jpg

お友達から、誕生日祝いの花束が・・・!

感激です~☆

右手前の小さな向日葵のようなのは、夫から。
[PR]
by chiemhana | 2009-04-25 23:32 | 雑記