本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『おくりびと』


チェリストの大吾はチェロの借金を抱えたまま楽団が解散の憂き目にあい、愛妻のミカを連れて、死んだ母の残してくれた家のあるふるさとの山形へ帰る。
ある日折り込み広告で条件の良い求人情報をみつけその会社をおとずれる。広告のうたい文句は「旅のお手伝い」。
―「あぁ、それ誤植だ。正しくは『安らかな旅立ちのお手伝い』」
なんとそこは葬儀屋の下請けをする納棺士の会社だった・・・!
仕事内容に戸惑いつつも、次第にその仕事に打ち込んでいく大吾。
しかし、妻のミカには本当の仕事内容を言えずにいた。。。




映画『おくりびと』を観てきました。
夫は気乗りしないと言うので一人で観たのですが、
観終わって「夫もみればよかったのにぃ~!」と思いました。

とてもよい映画でした。

納棺士という、それを専門に請け負っている人がいるとは知りませんでした。
そういうのは土地柄というのもあるかもしれません。
東京じゃぁ、ああいうのは「高額アルバイト」の部類だとばかり思っていました。

世間からは「死人で食ってる」などと言われ、白い目で見られる仕事。
しかし、死者とその遺族への敬意を怠らず、心をこめてその仕事を行うことで、「死」というものと「生きる」ことをつなぐ橋渡しをするような、そこには目に見えないけれど確かな意義があるのです。
「死」はつねに「生」の中にある。
それを意識することによって、前向きに、より良く生きたり、人と丁寧に接することができたり・・・
わたしは、そんなことを思いました。
もっと重たいテーマの映画なのかと思っていましたが、観終わって気持ちが明るくなるような気さえしたほどです。

それは、主人公はじめ登場人物たちが抱えるそれぞれの家族に関する問題と、それの穏やかな解決、大吾とミカの愛らしい夫婦の様子、そんな要素も手伝ってのことかもしれません。

それから、俳優達もすばらしかった。
ちゃらんぽらんとしていうように見えて、自分の出番となると威厳を発揮する社長の山崎務。
こちらもいい加減なようにみえて、その社長を心底尊敬して支える事務員演じる余貴美子。
それから、大吾を温かいまなざしで見守る銭湯のおばちゃん、吉行和子。
銭湯の常連客で、最後にちょっとしたサプライズと涙を運んでくれた、笹野高史。
みなさん素敵でした。
そして、広末涼子のミカはとてもチャーミングだったし、
何より本木雅弘。流れに身を任せながらも、まっすぐな自分を失わない主人公を好演していました。


山形の自然の季節により移ろい行く様子を背景に、小さな笑いを随所に織り交ぜて、家族、夫婦、親子の愛に絡めて、死にクローズアップすることで生を描いた、軽やかで素敵な作品でした・・・!




ただし、1つ小言を。
映画に関することではなく、映画館でのマナーの問題です。
わたしの隣には年配(50歳前後くらいかな?)の女性2人組が座っていました。
が、映画中、ガサガサと音の出る包装紙のお菓子を食べつつ、
定期的に携帯電話のチェックをしている・・・
しかも、1人がやるともう1人もやるという連鎖式。
なぜ最近のシネコンが外部からの食べ物の持込を禁止しているか、よくわかりました。
映画終盤そのお二人は泣き通しで、そこは憎めないところなのですが、
マナーは守って欲しいものです。。。大人なんですから、ねぇ。
[PR]
by chiemhana | 2008-10-07 21:24 | 映画