本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画『グーグーだって猫である』


映画『グーグーだって猫である』を観てきました。


天才漫画家の麻子さんは最近元気がない。15年連れ添った愛猫のサバが死んでしまってから、仕事のペースもめっきり落ちてしまった。
そんな麻子さんはある日意を決して足を踏み入れたペットショップで新しい相棒、グーグーと出会う。
グーグーを迎えてから、麻子さんの生活も一新し、再び訪れた笑顔と笑いの溢れる日々。
新しい恋の予感、新作の構想・・・全てがうまくまわり始めたかに見えたところで、新たの試練も訪れるのだった。。。


そんなストーリーかな。


もっと猫愛映画に仕立てあがっているのかと思ったら、そうでもなかった。
(もちろんグーグーはじめ、登場する猫たちはみな素敵だったし、わたしの大好きな象の花子さん@井の頭動物園も登場したし、よかったのだけれど、でも何か物足りないと思ったら、猫のゴロゴロ音がないのでした。特にグーグーは「んーるるる・・・」と鳴くらしいのだけれど。。。聞きたかったな)

むしろ、女の人が生きていく物語になっていたと思う。
麻子さんの生きていく道や、それを脇から見つめつつそっと支えているアシスタントのナオミちゃんの生きていく道。
順風満帆とは行かないけれど、くじけそうになったり立ち直ったり傷ついたり喜んだりして、生きている・・・常に死が背中合わせにあることを知りつつ。



わたし個人的には、泣かされ所満載で、ほとんどうるうるしていたかもしれない。
観る人が観ればなんてことはないのでしょうけれど、わたしにはとても悲しい映画だった。
共感する部分もあるけれど、それ以上に、自分の想像力によるものや、何かに起因して考えてしまうことによって、今でもそれを考え始めるとすぐに泣けてくるくらい、悲しいです。
具体的に何が、とは、書こうとすると泣けてくるので割愛します。



もしかしたら、映画の中でナオミちゃんがはじめて麻子さんの漫画を読んで感動で号泣するシーンがあったけれど、大島弓子の漫画には確かにそういう(読むものの心を強くつかむ)力があるし、それは映画で描かれていたように、ご本人が常に死を思って生を大切に生きているからかもしれないし(実際はどうだか知らないけど、本当にそうじゃないかと思われる)、漫画で描かれる独特の世界観みたいなものを犬童一心監督が映画の中で的確に表現していたのかもしれないし、犬童監督もそのあたりを描くことにかけて長けているからかもしれない。



それにしても。
今まで上野樹里をそれほど好きじゃなかったけれど、この映画ですごく好きになりました。とても可愛かったし、彼女の可能性にようやく気付けた感じです。
それから、若い頃から好きだったけれど、小泉今日子は年をとるほどより好きになります。がむしゃらな感じではないけれど、きちんと努力をして、年齢とともに新たな扉を開いていっている感じがします。


そして、麻子さんの着ているものとヘアースタイルが素敵だった☆
わたしはここ半年以上パーマヘアで、そろそろ飽きていたところだったのだけれど、思い切ってあんな風にクリクリにしてみようかしら、と検討中。
[PR]
by chiemhana | 2008-10-02 13:29 | 映画