本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダーク・ナイト

ようやく『ダーク・ナイト』を観てきました。

『バットマン ビギンズ』に続くクリストファー・ノーラン監督最新作。

わたしは原作であるコミックの「バットマン」も知らないし、
『・・・ビギンズ』以前に作られた映画も、ひとつも観ていないのです。

ただ、『・・・ビギンズ』は偶然観たのですが、
TV放映など事あるごとに観てしまうくらい、
結構好きなのです。
1つには、クリスチャン・ベイルが好き(中学生の頃からファン)というのもあるけど、
最大の敵は自分の弱さ、とか、失敗と試行錯誤を重ねていく過程とか、
作中で描かれるそんなところが気に入っているのだと思います。

『ダーク・ナイト』も観たいと思ったのは、
そういう前作の流れを踏んでいることを期待していたし、
予告で目にするヒース・レジャーのジョーカーがすごく怖そうで、
怖いもの見たさもあるかもしれないけれど、
とにかく見てみたい、とすごく気になったから。


上映時間を知ってちょっとひいたけど(長い!長すぎる!)、
見始めるとその長さが全く気にならない。(お尻は痛くなったけど)
息継ぐ暇はありつつも、展開が速くて、
それはいつもジョーカーによって仕組まれる罠なわけだけれども、
展開の度に、次はどうなっているのかの予測が本当に全くつかず、
うまいなぁ、と思わせられます。
ヒース・レジャーのジョーカーは(って、他のジョーカーを知らないけど)
快楽犯罪とも違い、虚無から発生している悪意を思わせ、
彼の独白には思わず同情を寄せてしまったり、
諸悪の根源であるにもかかわらず何故か、
バットマンと同じように「コイツは殺せない」と思ってしまう、
実に深みのあるキャラクターになっていました。
豪快な爆破シーンやカーチェイス、格闘シーンなども満載ながら、
期待通り、人の心の光と闇を描くことにも手を抜かず、
それによって暗澹たる気持ちにもさせられるけれど、
一筋の希望の光が見えたような、ほっと安心させられる描写もあって、
わたしとしては、満足のいく一作でした。

ジョーカーがあまりの存在感だっただけに、
エンドロールで「ヒース・レジャーに捧ぐ」の文字が現れた時には、
うるっとしてしまいました。
もし彼がまだ存命で、わたしがこの映画をみたならば、
絶対に彼の今後の活動が気になって仕方なかったはずなのです。


さて、公開してから見るまでに時間がかかってしまったのには、
夫がこの映画をみることを渋っていたことが一因としてあります。

でも、いざ見終わってみると、180度態度が変わり、
「謝りたい気分だ」とまで。
面白かったのだそうです。
(ほんとに、ちゃんとはんせいしてもらいたいものだわ)


『・・・ビギンズ』のラストでジョーカーの存在を匂わせたときには、
これがいわゆる『バットマン』(1作目)につながっていくのか、と思わせられましたが、
それが今作にうまくつながっていました。
今作のラストも、続編を予感させなくもありませんが、
わたしとしては、ここで打ち止めにしてもらいたい。
『ビギンズ』と『ダーク・ナイト』がとても良く出来ていたので、
これを損ねるような続編は作ってもらいたくない。
そんな気持ちです。


あ、そうそう。
暗闇での格闘シーンですが、わたしの目はついていけていなかった・・・
年でしょうか。
それと、邦題のカタカナの「ダーク・ナイト」というタイトルから、
ずっと「Dark Night」だと思っていましたが、
本当は、『THE DARK KNIGHT』なのですね~(恥)
・・・がんばれ、わたし!
[PR]
by chiemhana | 2008-08-28 11:38 | 映画