本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東京国際映画際2005~その一~

行ってまいりましたー!東京国際映画祭!!
何ヶ月も前から、いえ、去年の映画祭に行って以来ずっと、楽しみにしていたんです。
別に特別なことをするわけではありません。
わたしたちはただ映画をみるだけです。
でも、映画祭特有の雰囲気があるんです。

わたしが映画祭にみるその醍醐味は
①公開前の映画がみられる(もしかしたら公開されないかもしれない作品もあり)
②ティーチインがある
これです。

何よりティーチインは、監督や役者さんなど、映画の製作に携わった方々の生の声がきけるのです。あわよくば、自分の質問に答えてもらえたりする。すばらしいことです。

そういうわけで、一ヶ月ほど前から夫と作戦会議。
今回は「キャッチボール屋」と「モンゴリアン・ピンポン」をみることに。
「キャッチボール屋」は大崎章監督の日本映画。実は…わたしの好きな大森南朋が主演しているということで選びました。(だって!生で見られて声が聞けるんですもん!)
「モンゴリアン・ピンポン」はそのタイトルとあらすじで決めました。これはよさそう。

日曜日。
午前中は仕事をして、昼から六本木へ。
やはり仕事の夫にかわって、妹と。
ランチを済ませて、いざヴァージン・シネマへ。
まずは「キャッチボール屋」。
なぜか上映前に舞台挨拶。
松重豊さん(舞台をよく見に行っていました。その頃と同じようでちょっと違う雰囲気。)、キタキマユさん(透き通るように白い肌がとっても綺麗で可愛い方でした。)、そして大森南朋さん(帽子を目深にかぶって顔がよくみえませんでしたが、でも、カッコ良かったです☆)、そして監督の大崎章さんが登場。一言二言ずつコメント。
「上映後のティーチインでも再登場なさいます」と言っていた割には、退場するとすぐに「大森南朋さんはスケジュールの都合でティーチインには参加なさいません。」って、主演なのに!!だから上映前に舞台挨拶か!でも仕方ありませんね。(諦めが早い。)

映画は、桜の花びら舞う春の数日間、公園を舞台に、のんびりと淡々と描かれる人間模様。登場人物それぞれが、忘れてきたものを思い出し、とりかえし、そして次の一歩を踏み出していく、そんな暖かい、のほほんとした映画でした。
ティーチインでは、撮影時の苦労話、笑い話、裏話が披露され、とても楽しかったです。それを踏まえて、公開されたらまた見てみようかと思ってしまいました。

来年公開予定だそうです。

・・・その二へ続く・・・
[PR]
by chiemhana | 2005-10-25 22:42 | 映画