本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『メゾン・ド・ヒミコ』

小さな塗装工会社で事務員をしているサオリ。経済的な苦労と、ある日突然ゲイになって家族を捨てた父への恨みから始終仏頂面をしている。
そんなサオリの元へ、父ヒミコの恋人だという若く美しい青年ハルヒコが現れる。ヒミコは癌を患っており、余命いくばくもない、そんな父の元へ会いに来て欲しい。拒絶するサオリに、ヒミコの経営するゲイのための老人ホームで、日曜日に雑用のアルバイトを持ちかけるハルヒコ。
仏頂面で悪態をつき、ホームの住人たちと衝突しながらも、次第に打ち解け、仲良くなっていくサオリだが・・・。

父との葛藤、ハルヒコとの間に生まれる恋に似た感情、押し殺してきた感情を吐露することで次第に自分自身を取り戻していくかのようなサオリ。
映画は、「ゲイ」「差別」「老い」「死」「家族」「愛」「恋」そんなことを描いていきます。
(折り目正しい、お盆の迎え方も!)
重いテーマとコミカルな笑いのシーンを織り交ぜ、じーんときたり、くすくす笑ったり、そのバランスは絶妙。
別世界の話のようで、実はとても身近な事柄を描いていたりして、身につまされる思いもしたり。
ラストはほろ苦いハッピーエンド。とても中性的。
しかし、これ以上にすばらしいラストは考えられないでしょう。

さて、キャストについて。
柴咲コウ。わたしこの人があまり好きではありません。何となく、なんですが。きれいな人だと思いますよ。(今回は「メイクダウン」して役に挑んでいるようですが、どうしたって彼女が美人であることには変わりありません。)
でも。この作品の彼女はすばらしかったです。私の中の好感度がぐーんと上がってしまいました。
そしてオダギリジョー。以前から「どちらかと言えば好き」でしたが、この人も、わたしの中の好きな人ランキングを一気に駆け上がってしまいました。何ともいえない色香があるし、気丈さと脆さの同居するハルヒコを見事に体現していました。すばらしいです。
その他、ホームの住人たちも皆さんすばらしい。

映画そのものについて。
点数をつけるとしたら。97点くらいです。
ほんのいくつか辻褄があわないのが気になったくらいで、ストーリーよし、構成よし、脚本よし、キャストよし、ロケーションよし、音楽よしと全て揃った優れものです。
わたしの大好きな作品のひとつに加わりました。


追記:最初の投稿時、ヒロインの名前を間違えておりました。正しくは「サオリ」です。どこからその名前がでてきて間違えたのか・・・不明です。(以前に柴咲コウが演じたことのある役名でしょうか。)妹に指摘されて、「そうだ!」と慌てて訂正したところです。お恥ずかしい・・・
プログラムなどの資料を手元に置かずに書いているものですから、他にも間違いがあれば、指摘してください。
[PR]
by chiemhana | 2005-10-03 18:57 | 映画