本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『皇帝ペンギン』と・・・帰宅難民

きのうは、朝IYC九段下の入門クラスに参加したあと(とても楽しかった!それにIYC九段下もノリコ先生も気に入ってしまいました。その話はまたの機会に。)、一度帰宅。昼食をすませた後、恵比寿ガーデンシネマへ『皇帝ペンギン』を見に行ってきました。

映画は、南極の過酷な環境の下、自然のリズムに導かれ、直向に命を後継しながら生きる皇帝ペンギンの一冬を追った、ドキュメンタリータッチの映画。
実に多くの時間をカメラは捕らえていて、映像はすばらしかったです。
ただ、父・母・子、とペンギンに役割を与えて役者が台詞をあてているという構成。
それは効果的な時もあれば、逆効果な場合も。
そのままで十分にドラマティックなのですが、それを盛り上げるかのような台詞があてられてしまうと、映像が持つ本来の魅力が損なわれることもあると思うのです。

もしくは、わたしが、皇帝ペンギンのこの生態について知識があったため、そのように感じてしまったのかもしれませんが。

ただ、太陽や月の動きに従い、新しい命を育むために生きているかのように見えるペンギンが、時折見せる感情的な表情には、とても心を揺さぶられました。
ほんの短い時間しか共有しない雄と雌ですが、互いを愛しむような仕草をみせたり、卵やヒナを失ったときにあげる悲しげな鳴き声など。

さて、この映画を見ている最中に、地面から突き上げられるような振動を感じたかと思えばグラグラっと大きな地震が・・・。
驚きました。
映画館の中って、比較対象(揺れるもの)がないのでどの程度の揺れなのか判断がつきにくいです。
でも、大人数がひとつの空間の中にあって、高い悲鳴が上がると、余計に恐怖心が煽られるのを感じました。こういうことが引き金で、暴動(?)は起きるのではないかと、それが怖かったです。

見終わって、フラフラとお店をのぞきながら駅へ行くと、電車が止まっていました。
地震発生からある程度の時間が経っていた(おそらく映画の中盤だった)し、もう少し待てば動くのではないかと、もう一時間ほどウィンドーショッピング。
それでもまだ止まっています。
しかも「運転再開の目途はたっていません。」とのアナウンス。
我が家は東京の東の外れ。「日比谷線は運転再開との情報が入りました。」の声を聞いて、地下鉄なら大丈夫なのではないか?と、三田線を目指して徒歩で目黒へ向かいました。
途中、割れた品物を確認する酒屋さんを目撃。意外と大変な揺れだったことを確認。
そして目黒駅周辺も大変な混雑。地下鉄も動いていませんでした。
タクシーに乗ろうにも、空車なんていやしません。
仕方なく、とりあえず先のほうへ歩いてみることに。
品川方面へかなり歩いたところで、偶然空車のタクシーにめぐり合えたので乗り込み、中間地点まで妹夫婦に迎えに来てもらって、結局3時間かけて帰宅したのでした。

思わぬところでちょっと大変なことに巻き込まれましたが、首都圏直下型が起きた場合はこの程度ではすまないとのこと。
うーむ、恐ろしい。
この経験を、何とか生かしたいものです。
(でも、いつ・どんなとき に起こるかわかりませんからねぇ。そのことを学んだでしょうか。)
[PR]
by chiemhana | 2005-07-24 21:53 | 映画