本や映画、食べ物、ヨガのことなどなど・・・心にピンときた、いろいろのものについて思ったことを書いています
by chiemhana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体

映画

yoga
EBS
猫&犬
音楽
きもの
雑記

未分類
タグ
(48)
(31)
(23)
(20)
(19)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
じぶん日記
曼荼羅石見房
ニューヨークでのヨガ生活
旅とパンのスロウな日々
横浜ひっそり生活
ひよこアシュタンギ観察日記
ヨガの日記 カラダから自...
フツーに生きてるGAYの日常
先生の独り言
NY的良好瑜伽生活
エンタメ!あれこれ百貨店
ヒトは猫のペットである
recharge
NY的良好映画生活
マンダラの本棚
拓な毎日
AppleMintの雑記帳
うちの夫の好きなトコ
坂本美雨 「ニクキュウ ...
フィレンツェ田舎生活便り2
meet to the ...
気軽に毎日3分ヨガ。
vege dining ...
アイアンガーヨガ勉強会最...
大島ヨガライフスタイル研究所
マンダラべジレシピ
STONE MANDAL...
吉祥寺kesaブログ
芳香療法覚書
あわじしまっこ、フィレン...
Listo ビーズジュエ...
カリフォルニア食堂- t...
リンク
以前の記事
2011年 02月
2011年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
more...
ブログパーツ
ライフログ

アイアンガー|ヨガ (GAIA BOOKS)


野菜畑のレシピ―106RECIPES FROM VEGETABLE FARM おいしい野菜をたっ


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


Yoga: The Path to Holistic Health (Yoga for Living)


百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


ハゲタカ DVD-BOX


すいか DVD-BOX (4枚組)

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『ノルウェイの森』

再読。
といっても、拾い読み程度ですが。
(先週の朝日新聞土曜版で特集されていたのをみて、急に懐かしくなり、引っ張り出してきたものです。)

「好き」というよりも、あまりにもわたし自身に深く浸透している作品。
高校生のときに手にとって読んで以来、この作品がきっかけで村上春樹作品のファンになり、わたしの人生に深く影響を及ぼしています。
村上春樹作品で特に好きなのは実はこれではなく『1973年のピンボール』『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』なのですが。

何度も読み返してはいるものの、繰り返し読むたびに新たな発見と感動(?)があります。
これまでは、読みながら感情移入しすぎていたのかもしれません。
今は、少し高い位置から冷静に作品世界をみることができるように思えます。

大学生の僕は、高校生のときに親友のキズキを失い(自殺)、周りの世界とのバランスがうまくとれないと感じています。そんな時に、キズキの恋人だった直子と偶然に再会、デートを重ねるうちに僕は直子に好意を抱くようになります。ですが、僕と同じようにキズキの自死によって傷ついている直子は、次第に精神のバランスを欠いて僕の前から姿を消し、療養施設で生活するようになります。直子を深く愛し始めていた僕は、懸命に直子を支え、回復するのを待つ一方、直子とは対照的なミドリという同じ大学の女の子と親しくなります。ミドリも人の死と隣り合わせの中で生きていながら、彼女は生命力に満ち溢れ、ともすると直子と一緒に“狂気”へと足を踏み入れそうになる僕をひきとめます。直子を愛し、ともに生きたいと思う一方、ミドリによって現実に引き戻され、彼女にも強く惹かれていく僕・・・。


こんなお話。
かつては、「僕(ワタナベ)」のような男の子を理想と思ったり、直子の真っ直ぐさ、ミドリのしなやかさや活力に憧れたりもしたものですが、結局今になって読んでみると、「僕」の視点から、もろく危うい境界をあっちに行ったりこっちに来たりして日々を生きている自分をみているような気になります。

それから、何というわけではないけれど「何かを失ってしまった」という喪失感。
「僕」がキズキや直子を失って得た感情に深く共感を覚えます。

物語の中と、繰り返し読んだ頃の自分の記憶が絡み合って、ギューっと意識が過去に引っ張られる感覚を味わいました。
[PR]
by chiemhana | 2005-07-08 15:14 |